山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ一番人気は仲間選手 サポーター対象の本社アンケート

「好きなファジ選手」の1位に選ばれた仲間選手
「好きなファジ選手」の1位に選ばれた仲間選手
 一番人気は仲間隼斗選手―。サッカーJ2ファジアーノ岡山のサポーターを対象に、山陽新聞社が実施した「好きなファジ選手」アンケートでこんな結果が出た。2位に上田康太選手、3位にイ・ヨンジェ選手が入るなど、チームの得点源が上位に並んでいる。

 昨季のチーム得点王(8点)で、今季も既に6得点をマークしている仲間選手には回答者全体の19・8%の支持が集まった。けがからの復帰が待たれるチームの司令塔・上田選手は11・8%で、現在リーグ得点ランク2位のイ選手(11・7%)を僅差で上回った。以下、赤嶺真吾、椋原健太、関戸健二、一森純の各選手の順。

 また、初めて観戦したきっかけ(複数回答)は「地元のチームを応援したいから」(38・0%)がトップで、「サッカーが好きだから」(31・6%)、「知人に誘われて」(17・6%)などと続いた。

 観戦チケットやグッズ代などに充てる年間費用は「1万円以上3万円未満」(24・0%)と「3万円以上5万円未満」(23・4%)で全体の約半数を占めた。「10万円以上」という熱烈なファンも13・9%いた。

 アンケートは、山陽新聞社のスポンサーデーの山口戦(6月15日、岡山市・シティライトスタジアム)の入場者にQRコード入り用紙を配って実施した。回答者は1054人(男性576人、女性478人)だった。

(2019年07月05日 10時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ