山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】天皇杯千葉戦写真ダイジェスト 3-0で鬼門突破!

前半ロスタイムに増田繁人選手(右から2人目)のゴールで先制した
前半ロスタイムに増田繁人選手(右から2人目)のゴールで先制した
 サッカーの天皇杯全日本選手権2回戦は3日、各地で行われ、ファジアーノ岡山はフクダ電子アリーナ(千葉市)で千葉と対戦。敵地で戦った過去のリーグで3分け7敗と鬼門でしたが、増田繁人、福元友哉、武田拓真の3選手がゴールを決め、3-0で快勝しました。3回戦の相手はJ1川崎です。現地から届いた得点シーンとコメントを届けます。

喜山康平選手「試合に飢えていた」

-ゲームで意識した部分は?

 隣はヨンヒョン(ユ・ヨンヒョン)とか若い選手がたくさんいました。彼らにとっては初めての公式戦だったので、そういう選手たちが伸び伸びやれればいいなと。声掛けは意識しました。自分は普通にできればいいと思いました。

-1点目はCKから見事なアシストです。

 昨日の練習でも得点は入っていたし、練習試合でも結構点は取れていた。自分のキックのクセもみんな分かってくれている。マグ(増田)も良いところにいてくれました。上げた瞬間に入ったなと感じました。

-個人的な思いはどうでしたか?

 久しぶりに試合ができるので、天皇杯だろうとリーグ戦だろうと試合に飢えていた。このメンバーだと結果は出るなと思っていました。みんな頑張っていたので。千葉は名前のある良い選手が多いですが、俺らは俺らで、みんな出られないやつらも頑張ってきていたのでやれると思っていました。そういう頑張ってきた選手たちが点を取ってくれたのもうれしかったです。

福元友哉選手「思い出の地で初ゴール」
後半25分、福元友哉選手が追加点を決め2-0とする
後半25分、福元友哉選手が追加点を決め2-0とする

-プロ初ゴールです。

 素直にうれしいです。ずっと取りたいという気持ちが強かった。高校でもフクアリで試合していたので、思い出の地で得点が取れてうれしいです。(ゴールシーンは中野)誠也君が相手ひきつけてパスしてくれたので、1対1でしっかりキーパーを見て打てたのが良かったです。

-反省点は?

 守備のところではもっと前からプレスをかけていかなければいけない。反省点は次に生かしていきたい。

-ファジはフクアリで初勝利です。

 そうなんですか(笑)。しっかりこの流れを次のリーグ戦につなげていきたいです。

-市立船橋高出身。思い出の千葉で得点できた気持ちは?

 ここは高校3年の時に高校選手権予選で負けた苦い思い出もあるので、その中で良い思い出に切り替えられた。次はリーグ戦でゴールできるように頑張りたい。

武田拓真選手「これで満足しない」
後半ロスタイム、3点目を決めガッツポーズの武田拓真選手
後半ロスタイム、3点目を決めガッツポーズの武田拓真選手

-プロ初ゴールですね。

 自分的には遅くなってしまったけど素直にうれしい。絶対にチャンスは来ると思っていた。日頃から練習はしていたので、試合に入ったらできるという思いでした。

-ゴールを振り返って下さい。

 前のスペースがかなり空いていたのでそのスペースに入り込もうと思いました。ヨンジェ君(イ・ヨンジェ)から良いボールがきたので、思い切り振り抜きました。

-今後に向けては?

 焦りなく試合に入れたのはプラスです。得点も取れました。ただこれで満足は絶対にしてはいけないし、もっとどんどん試合に絡んでいく。その中で今日みたいに結果を出せればチャンスは絶対増えていくはず。練習からしっかりと取り組んでいきたい。

公式戦初出場のユ・ヨンヒョン選手
公式戦初出場のユ・ヨンヒョン選手

好セーブが光った金山隼樹選手
好セーブが光った金山隼樹選手

(2019年07月03日 20時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ