山陽新聞デジタル|さんデジ

勝山が4連覇、津山東破る 県中学校野球美作地区大会

勝山が5回表、山本一の左中間二塁打で追加点を挙げる=津山スポーツセンター野球場
勝山が5回表、山本一の左中間二塁打で追加点を挙げる=津山スポーツセンター野球場
4連覇を果たした勝山
4連覇を果たした勝山
準優勝した津山東
準優勝した津山東
 山陽新聞社杯争奪第70回岡山県中学校野球選手権大会(県中体連、県軟式野球連盟、山陽新聞社など主催)の美作地区大会第2日、最終日は6月29、30日、津山市勝部の津山スポーツセンター野球場などであり、決勝は勝山が津山東を7―4で破り、4連覇を果たした。

 勝山は初回、押し出し四球で先制し、6番岡田の内野ゴロで加点。二回には相手エラーから好機をつくり、3番槙野の右前打などで2点を追加した。その後も五回まで毎回得点し、試合を優位に進めた。主戦槙野は得点圏に走者を背負うも、要所を締める粘投。最後は、山本一が抑えた。

 津山東は二回に6番三谷が左前打、五回に1番前原の右越え本塁打などで点を挙げ、最終回に1死満塁のチャンスをつくったが、続かなかった。主戦木村は7四球と制球に苦しみ、守りもミスが続いた。安打数で相手を上回りながらも序盤の失点が響いた。

 勝山の山本一颯主将(15)は「チーム全員の活躍で勝つことができた。県大会でも優勝を目指す。残された時間で個々の課題に取り組み、けがのないよう万全の状態で臨みたい」と話した。

 4強の蒜山、津山西・鶴山に加え、やまびこスタジアム(真庭市三阪)であった敗者復活の代表決定戦を制した津山の計5校が、県大会(7月25、26、28、29日・倉敷市営球場ほか)に出場する。

 ▽準決勝

津山東
50013|9
00000|0
蒜山
(五回コールド)
(津)木村―竹林
(蒜)宍戸―立田
▽二塁打 竹林(津)藤本(蒜)

津山西・鶴山
0001000|1
001140x|6
勝山
(津)畑―黒瀬
(勝)山本一―土井
▽本塁打 山本遼、土井(勝)
▽三塁打 槙野(勝)▽二塁打 黒瀬(津)槙野(勝)

 ▽決勝

津山東
0110110|4
221110x|7
勝山
(津)木村―竹林
(勝)槙野、山本一―土井
▽本塁打 前原(津)
▽二塁打 竹林、小椋(津)山本一(勝)

 ▽代表進出決定戦

久世
0400000|4
0000000|0
加茂・勝北
(久)高岡、川崎―福井
(加)丸尾―田村
▽本塁打 横山逢(久)
▽二塁打 高岡、川崎(久)

津山
1101302|8
0004002|6
北陵
(津)平賀、武村―武村、藤原
(北)佐故、水島泰―山田
▽三塁打 平賀(津)▽二塁打 佐故2、岩崎(北)

 ▽代表決定戦

津山
00455|14
10120|4
久世
(五回コールド)
(津)平賀、武村―武村、藤原
(久)高岡、川崎―福井
▽三塁打 武村、武本、藤原(津)瀧本(久)▽二塁打 川崎(久)

(2019年07月01日 19時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ