山陽新聞デジタル|さんデジ

「おぎゃっと21」岡山会場閉幕 親子ら遊びや歌でふれあい深める

歌のステージを楽しむ親子連れら
歌のステージを楽しむ親子連れら
 子育て応援イベント「おぎゃっと21」岡山会場は、最終日の30日もコンベックス岡山(岡山市北区大内田)で遊びや体験、歌のステージなど多彩な催しがあり、大勢の親子連れらがふれあいを深めた。

 ステージには、岡山県内を拠点に“歌のお兄さん”として活動する「あおにぃ」が登場し、「おもちゃのチャチャチャ」「線路は続くよどこまでも」といったおなじみの曲を披露。子どもたちは一緒に踊ったり、足踏みしたりしながら元気な歌声を響かせた。

 ブロック遊びや、子ども用の制服で消防士になりきる体験コーナーなど約40のブースもあり、親子が一緒に楽しんだ。県栄養士会のブースでは、管理栄養士らが離乳食のサンプルなどを並べ、子育て中のママたちの相談に応じていた。

 生後11カ月の長男と訪れた倉敷市の主婦(35)は「離乳食をあまり食べてくれず、不安だったので相談できて良かった」と話した。

 おぎゃっと21は岡山県、岡山、倉敷市、山陽新聞社会事業団、山陽新聞社でつくる「はぐくみ岡山実行委員会」が主催。10月12日に倉敷市でも開かれる。

(2019年06月30日 23時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ