山陽新聞デジタル|さんデジ

レディース杯ゴルフPR看板設置 玉野・東児が丘GC デザイン一新

クラブハウス近くに設置された山陽新聞レディースカップのPR看板=東児が丘マリンヒルズGC
クラブハウス近くに設置された山陽新聞レディースカップのPR看板=東児が丘マリンヒルズGC
 東児が丘マリンヒルズGC(玉野市)で9月20~22日に開かれる女子プロゴルフのステップアップツアー「山陽新聞レディースカップ」(日本女子プロゴルフ協会主催、山陽新聞社共催)のPR看板が30日、同GCに設置された。ゴルフ場利用者らに観戦を呼び掛け、節目の第10回大会を盛り上げる。

 看板(縦3・6メートル、横1・2メートル)はデザインを一新し、大会名や日程のほか、歴代優勝者の写真やキャッチフレーズ「瀬戸内から世界へ」を新たに盛り込んだ。一般道から同GCへの進入路沿いにはスポンサーの企業名が入った立て看板135枚が取り付けられた。同GCの名畑耕三総務課長(53)は「選手が実力を発揮できる環境を整えるとともに、ギャラリーに楽しんでもらえるようサービスを充実したい」と話した。

 大会は108選手が出場し、2日間の予選ラウンドと最終日の決勝ラウンドで争う。賞金総額は昨年を500万円上回る3千万円で、優勝賞金は90万円増の540万円。上位2選手はレギュラーツアー「大王製紙エリエールレディスオープン」(11月21~24日・松山市)に出場できる。

 前売り券は3千円(3日間通用、同伴者1人無料)で、岡山県内の主要プレイガイドなどで販売中。問い合わせは大会事務局(086―803―8134)。

(2019年07月01日 07時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ