山陽新聞デジタル|さんデジ

成羽、高梁が4強入り果たす 県中学野球備北地区大会が開幕

熱戦を繰り広げる成羽と大佐の選手たち
熱戦を繰り広げる成羽と大佐の選手たち
 山陽新聞社杯争奪第70回岡山県中学校野球選手権大会(県中体連、県軟式野球連盟、山陽新聞社など主催)の備北地区大会が28日、高梁市成羽町成羽のなりわ運動公園野球場で開幕した。1回戦1試合、準々決勝2試合があり、成羽、高梁が4強入りした。

 成羽は一回に2点を先制すると、六回にも4点を追加し、大佐の反撃を1点に抑えた。高梁は序盤から着実に得点を重ね、哲西を寄せ付けなかった。1回戦の新見第一は川上・高梁北を下して準々決勝に進出した。

 大会は高梁、新見市の11校9チームがトーナメントで争い、上位3チームが県大会(7月25、26、28、29日、倉敷市営球場ほか)に進む。

 29日は準々決勝の残り2試合、30日は準決勝と3位を争う代表決定戦、決勝の計4試合が、いずれも同野球場で行われる。雨天順延。

 ▽1回戦

新見第一
1010201|5
0000000|0
川上・高梁北
(新)内田―竹崎
(川)藤井―赤木嶺
▽三塁打 竹崎(新)▽二塁打 山室(川)

 ▽準々決勝

大佐
0000010|1
200004X|6
成羽
(大)清水、久保木―梶原
(成)平松―中家貫
▽三塁打 清水(大)▽二塁打 中家貫、原田陽(成)

哲西
0002000|2
302102X|8
高梁
(哲)安部、福田―矢吹
(高)杉、山口―宮脇
▽本塁打 山口(高)
▽三塁打 坂本、湯井、竹井(高)▽二塁打 竹井(高)溝上(哲)

(2019年06月28日 19時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ