山陽新聞デジタル|さんデジ

運転中に追突されたが、病院に行く時間がない

Q:先日、車を運転中に後ろの車に追突されてしまいました。我慢できないほどではなく、また仕事が忙しく、病院に通院する時間がとれそうにありません。どうしたらよいですか。

A:後遺障害の心配もある。医師の指示に従い治療を

 仕事が忙しい方は、治療のためとはいえ休みをとることが難しい例が多いようです。しかし、大切な仕事も健康な体があってこそ。事故でけがをした場合には後遺障害の心配もありますので、やはりお医者さんの指示にしたがって治療に専念すべきでしょう。

 まずは勤務先に事情を説明し、治療のために早退や欠勤を認めてもらうことをお願いしてみましょう。有給休暇が残っていても使う必要はありません。欠勤となったことで減少した給料については、休業損害という形で加害者に請求できるからです。仮に有給休暇を使った場合でも、事故がなければ使う必要はなかったのですから有給分の休業損害を認めてもらいましょう。

 事故により痛い思いや不自由な思いをした分については、慰謝料という形で請求することになります。慰謝料額は入院日数・通院期間などに応じて、ある程度支払われる額が決まってきます。そのため忙しいからと、痛いのを我慢して病院にあまり通っていなかった場合、あとで慰謝料額が低く計算されてしまうなどの不利益を受けることにもなりかねません。

 相手保険会社の示談金額は、低く提示される場合がありますので、疑問があれば弁護士に相談されることをお勧めいたします。

(2019年06月27日 16時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ