山陽新聞デジタル|さんデジ

アップルがJDIに出資検討 大口顧客の支援で再建に弾み

 米アップルのロゴ(AP=共同)
 米アップルのロゴ(AP=共同)
 米アップルが経営再建中の中小型パネル大手、ジャパンディスプレイ(JDI)に対し、出資を含めた追加支援を検討していることが27日、分かった。JDIの経営再建を巡っては、当初予定していた台湾企業2社が支援策から離脱するなど混乱が続いているが、大口顧客であるアップルから支援を得られれば、再建に向けて弾みがつきそうだ。

 JDIはアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」向けに液晶パネルを供給している。2019年3月期は、JDIの売上高全体の約60%をアップル向けが占めた。

 JDIは5月にも、借入金の一部返済を延長することでアップルと合意していた。

(2019年06月27日 10時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ