山陽新聞デジタル|さんデジ

五輪、複数国の共催容認 札幌招致の30年大会以降

 東京五輪のメインスタジアム建設現場にあるオリンピックのマーク=東京都内(ロイター=共同)
 東京五輪のメインスタジアム建設現場にあるオリンピックのマーク=東京都内(ロイター=共同)
 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は26日、スイスのローザンヌで総会を開き、札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪など今後の五輪やユース五輪の開催地選定で、複数の国や地域、都市での共催を容認する改革案を承認した。招致熱の冷え込みを受けた打開策で、開催地決定は原則7年前とする五輪憲章の規定も削除する。

 大会ごとに設置される従来の「評価委員会」に代わり、新たに「将来開催地委員会」を夏季と冬季のそれぞれで常設し、招致に関心を示す都市を調査する。これまで「開催都市」としてきたが、今後は「開催地」として1都市に限定しない。

(2019年06月26日 22時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ