山陽新聞デジタル|さんデジ

涼しげ、見頃のアジサイ観賞を 備前、備中エリアのスポット紹介

見頃を迎えたアジサイ=RSKバラ園
見頃を迎えたアジサイ=RSKバラ園
色鮮やかに咲き誇るアジサイ=種松山公園西園地
色鮮やかに咲き誇るアジサイ=種松山公園西園地
 岡山県内各地でアジサイが見頃を迎えている。植物園や寺社などで、青や紫、ピンクの涼しげな花が咲き、訪れた人の目を楽しませている。備前、備中エリアの主な観賞スポットを紹介する。

=岡山市=


■RSKバラ園(北区撫川)
 6月中旬から6種類約180株が咲き始めた。セイヨウアジサイなどがあり、6月いっぱい楽しめる。入園料は大人600円、3歳以上小学生以下300円。同園(086―293―2121)。

■半田山植物園(北区法界院)
 ヤマアジサイやセイヨウアジサイといった約10種類900株が楽しめる。見頃は6月いっぱい。入園料は大人308円、6歳以上15歳未満124円。火曜は休み。同園(086―252―4183)。

■たけべの森公園(北区建部町田地子)
 公園入り口から山頂付近まで約3・5キロ続く「あじさいロード」が見どころ。すでに見頃を迎えており、7月中・下旬ごろまで楽しめそう。入園料は高校生以上300円、小中生200円。月曜休園。同公園(086―722―3111)。

■吉備津神社(北区吉備津)
 境内の斜面に約1500株が育つ。見頃に入っており、7月上旬まで楽しめる。同神社(086―287―4111)。

=倉敷市=


■種松山公園西園地(福田町福田)
 12・5ヘクタールの園内に、セイヨウアジサイやガクアジサイなど約1万3千株。梅雨入りが遅れ、花は例年よりやや小ぶりだが、鮮やかに咲き誇っている。テニスコート周辺などに多く群生。7月上旬まで楽しめそう。西園地管理事務所(086―426―0200)。

■安養寺(浅原)
 「アジサイ寺」として知られ写真愛好家らも集まる名所。青、紫、ピンク、白など30種約2千株が古刹(こさつ)に彩りを添えている。7月中旬まで楽しめる見込み。同寺(086―422―1110)。

■住心院(木見)
 山裾に約150種類、150株が咲く。鮮やかな赤の「シティーライン」、純白の「ウエディングドレス」といった珍しい品種が楽しめる。見頃は6月末まで。同院(086―485―0225)。

=玉野市=


■深山公園(田井)
 公園内の遊歩道沿いや、イギリス庭園を中心に、セイヨウアジサイ、ガクアジサイなど約30品種、約3500株を植えている。見頃となっており、7月上旬まで楽しめる。イギリス庭園は入園料(中学生以上200円、小学生、65歳以上100円など)が必要。水曜休み。市公園緑化協会(0863―21―2860)。

=総社市=


■アジサイロード(清音軽部)
 軽部川沿いの1・2キロ区間に、地元住民が1997年から数年かけて植えた約700株が咲き誇る。アジサイを眺めながら散策できるスポット。昨年の西日本豪雨で一部被害を受けたが、5月下旬から順次開花している。6月いっぱいが見頃。市清音出張所(0866―94―0111)。

=高梁市=


■弥高山公園(川上町高山)
 標高654メートルの山の裾野に広がる園内では、バンガロー村を中心に4種類約3千株を栽培。ヤマアジサイが見頃を迎えており、セイヨウアジアイとガクアジサイは6月末ごろがピーク。7月中旬にツルアジサイも楽しめる。公園管理事務所(0866―48―2830)。

=新見市=


■済渡寺(法曽)
 約1万1千株のセイヨウアジサイが標高450メートルの寺の周囲に植えられている。6月末に見頃を迎える見込みで、7月上旬まで楽しめる。約5千株のハナショウブもあり、6月末まで観賞できる。30日午前9時からは花祭りを開き、参拝客らに接待を行う。同寺(0867―75―2407)。

=備前市=

 
大瀧山西法院(大内)
 参道沿いや本堂の裏山にガクアジサイやセイヨウアジサイなど約40品種、約3500株を植栽している。見頃は7月上旬まで続く見込み。同院(0869―66―9619)。

(2019年06月26日 15時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ