山陽新聞デジタル|さんデジ

トランプ氏、イランの挑発に警告 ハメネイ師に「最終責任」

 24日、米ホワイトハウスで対イラン追加制裁について話すトランプ大統領(左)(ロイター=共同)
 24日、米ホワイトハウスで対イラン追加制裁について話すトランプ大統領(左)(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は24日、対イラン追加制裁をホワイトハウスで発表した際に「米国はかなりの自制をしてきたが、将来的にも自制するとは限らない」と述べ、挑発は容認できないとイランに警告した。ホルムズ海峡近くでのタンカー攻撃や米軍無人偵察機の撃墜を挙げ、最高指導者ハメネイ師に「敵対的行動への最終的な責任がある」と強調した。

 制裁により、ハメネイ師や同師の事務所を国際的な金融システムから排除。制裁対象と大規模な金融取引を行った個人・組織も米国の制裁を受ける可能性がある。ムニューシン米財務長官は、ザリフ外相も週内に制裁対象に追加する予定とした。

(2019年06月25日 11時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ