山陽新聞デジタル|さんデジ

自転車で吉備中央町を一周しよう 9月のサイクリング大会参加募る

ポスターを手に参加を呼び掛けるkibilyメンバー
ポスターを手に参加を呼び掛けるkibilyメンバー
 岡山県吉備中央町の地域おこし協力隊でつくる株式会社「kibily(キビリー)」は9月22日、町の合併15周年を記念し、町内を1周するサイクリング大会「ツール・ド・吉備中央町」を開く。のどかな田園地帯や峠道を走る全長74キロのコースで、自然豊かな吉備高原に抱かれた町の魅力をアピールする。8月21日まで参加者を募っている。

 かもがわ総合スポーツ公園(同町上田東)を発着点に、旧加茂川、賀陽町エリアを反時計回りに走る。タイムは競わず、10人一組でゆったりとツーリングを楽しみ、町賀陽庁舎(同町豊野)や吉備中央公園(同町吉川)など計4カ所に休憩ポイントを用意。特産のピオーネやブルーベリーを使ったグルメを提供する。

 コースは中上級者向けで、獲得標高(上る高さの合計)は1260メートル。自転車好き女性タレントのユニット「ちゃりん娘」のメンバー3人もゲストライダーとして参加する。

 同社は「吉備高原ならではの起伏の激しいコースで走り応えは十分。町の豊かな自然や食を体感してもらいたい」としている。

 高校生以上が対象で、先着200人。参加費5千円。JTBスポーツステーションのホームページから申し込む。問い合わせはkibily(080―2907―7347)。

 吉備中央町は2004年10月、加茂川、賀陽の旧2町による対等合併で誕生した。

(2019年06月25日 13時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ