山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、アウェーで町田とドロー 前半早々に先制するも終盤に失点

前半6分、ファジアーノ岡山のイ・ヨンジェ(9)が先制ゴールを決める=町田市立陸上競技場
前半6分、ファジアーノ岡山のイ・ヨンジェ(9)が先制ゴールを決める=町田市立陸上競技場
 明治安田J2第19節最終日(23日・町田市立陸上競技場=1試合)前節8位のファジアーノ岡山はアウェーで同16位町田と1―1で引き分けた。6試合連続負けなしとしたが、勝ち点28(7勝7分け5敗)で9位に後退した。町田は同22で16位のまま。

 ファジアーノは次節の29日、アウェーで横浜FCと対戦する。

町田1―1岡山
前半0―1
後半1―0

町田 5勝7分け7敗(22)
岡山 7勝7分け5敗(28)

 【評】ファジアーノ岡山は早い時間帯に先制しながら、勝ち切れなかった。久保田のパスをイ・ヨンジェが豪快に蹴り込んだ前半6分の得点をはじめ、ボール側に密集する相手に対しサイドチェンジが効果的だった。後半途中までは球際の争いで上回り、完全に試合を支配したものの、追加点が遠かったのが響いた。

 町田は選手交代で攻撃を活性化。後半31分の同点弾で息を吹き返し猛攻に出たが、勝ち越しはならなかった。

(2019年06月23日 22時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ