山陽新聞デジタル|さんデジ

雨で伯備、桃太郎線に運休や遅れ 総社駅で雨量計が規制値超え

 岡山県内で一時的に激しい雨が降った22日、JR伯備線と桃太郎線(吉備線)で列車の運休や遅れが相次いだ。

 午前11時55分ごろ、高梁市高倉町田井、JR伯備線備中川面―方谷間で、出雲市発岡山行き特急やくも12号(4両編成、乗客約130人)が架線に倒れかかっていた竹に接触。撤去作業のため、方谷―備中高梁間で運転を一時見合わせた。乗客にけがはなかった。

 JR西日本岡山支社によると、上下6本が運休・部分運休、同17本が最大1時間20分遅れ、約2200人に影響した。

 午後5時20分ごろには総社市駅前、総社駅で雨量計が1時間当たり40ミリの規制値を超え、同線倉敷―備中高梁間で列車の運転を一時見合わせ、桃太郎線備中高松―総社間で徐行運転。両路線で運転の取りやめや遅れが出た。

(2019年06月22日 22時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ