山陽新聞デジタル|さんデジ

提言(上)守る力 河川整備などハード面の対策

 昨年7月の西日本豪雨で岡山県は河川決壊や土砂崩れが同時多発し、61人が亡くなるという戦後最大級の水害に見舞われた。本連載では、被害を最小限に食い止めるためには何が必要か、何が被災者の生死を分けたのか...

(2019年06月22日 10時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ