山陽新聞デジタル|さんデジ

噴水稼働 園児が水遊び 総社・まちかどの泉で夏開き式

噴水が稼働を始めた泉で水遊びを楽しむ園児
噴水が稼働を始めた泉で水遊びを楽しむ園児
 夏本番を前に、総社市中央の都市公園「まちかどの泉」で20日、まちなかに涼を呼ぶ噴水を稼働させる「夏開き式」があった。噴水は9月30日まで毎日午前9時~午後6時に稼働する。

 式には近くの総社南幼稚園の年長園児27人が参加。片岡聡一市長と園児の代表が通水ボタンを押すと、大小20基ある噴水から、勢いよく水が噴き出した。涼しげな雰囲気になった水辺で園児が歌と踊りを披露し、稼働を祝った。

 この後、園児は噴水に手を差し伸べたり、泉に入ったりして楽しんだ。女児(5)は「冷たくて気持ちいい。時々遊びに来たい」と喜んでいた。

 同公園には本年度、多目的トイレや足洗い場のある新しいトイレが整備された。

(2019年06月20日 19時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ