山陽新聞デジタル|さんデジ

将棋「棋譜」AIで自動作成 連盟、将来の無人化目指す

 日本将棋連盟とリコーが共同開発した将棋棋譜自動作成システム
 日本将棋連盟とリコーが共同開発した将棋棋譜自動作成システム
 日本将棋連盟は20日、プロ公式戦の指し手を記録する「棋譜」について、人工知能(AI)を活用し自動的に作成するシステムを、事務機器大手のリコーと共同開発したと発表した。記録係の人員不足解消が目的で、将来の無人化を目指す。

 7月から女流棋戦で実験を進め、来年4月以降の本格運用を予定している。システムは天井に設置したカメラで盤面を撮影、動いた駒を自動で読み取っていく仕組み。

 公式戦の記録係は、主にプロ棋士養成機関の奨励会在籍者や女流棋士が務める。中学や高校に通う奨励会員が多く、公式戦の数も増加したことから、要員の確保が難しくなっていた。

(2019年06月20日 19時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ