山陽新聞デジタル|さんデジ

さん太しんぶん館でオカリナ演奏 地域貢献の一環

さん太しんぶん館で開かれたオカリナのコンサート
さん太しんぶん館で開かれたオカリナのコンサート
 山陽新聞社の印刷工場「さん太しんぶん館」(岡山県早島町早島)で18日、オカリナのコンサートが開かれた。学習・見学施設を備える同館を活用した地域貢献の一環。音楽ファンら約40人がシアタールームで演奏に聞き入り、続いて新聞の印刷工程などを見学した。

 コンサートには倉敷市のオカリナ・デュオ「たんぽぽ」の松沢佳子さん、大河里子さんが出演。「涙そうそう」「見上げてごらん夜の星を」といったヒット曲を、大きさや形がさまざまで音域も異なるオカリナを使って情感豊かに奏でた。アンコールに応えてホールで「アメイジング・グレイス」などを演奏した。

 入館者は温もりのある音色とハーモニーを堪能。早島町の会社員女性(43)は「素晴らしい演奏を間近で聴けて、心が洗われるようでした」と話していた。

 館内見学では、大型輪転機が夕刊を印刷する様子や「新聞が届くまで」などの壁画展示に見入っていた。

(2019年06月18日 21時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ