山陽新聞デジタル|さんデジ

参院選広島に玉田氏出馬表明 無所属新人の医師

玉田憲勲氏
玉田憲勲氏
 夏の参院選広島選挙区(改選数2)に、新人で医師の玉田憲勲氏(61)=広島市安佐北区=が18日、無所属で立候補する意向を表明した。

 広島県庁で会見した玉田氏は、国会議員の削減が不十分と主張し「選挙制度を抜本的に見直すきっかけをつくりたい」と述べた。兵庫県宝塚市出身、佐賀医科大卒。2016年の同選挙区、17年の衆院選広島3区に出馬し、落選している。

 参院選広島選挙区では、自民党現職の溝手顕正氏(76)、同新人の河井案里氏(45)、国民民主党から無所属に切り替えて出馬を予定する現職の森本真治氏(46)、共産党新人の高見篤己氏(67)、諸派新人の泉安政氏(66)も立候補を表明している。

(2019年06月18日 20時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ