山陽新聞デジタル|さんデジ

地上イージス候補地再調査へ 防衛省、秋田での不手際受け

 秋田市の穂積志市長との会談で謝罪する岩屋防衛相=17日午後、秋田市役所
 秋田市の穂積志市長との会談で謝罪する岩屋防衛相=17日午後、秋田市役所
 防衛省は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備計画を巡り、東北地方の他の候補地について、再調査する方針だ。同演習場を「適地」とした調査にミスが見つかるといった不手際を受け、外部の専門家の活用を視野に、現地で測量を実施する。岩屋毅防衛相が17日、穂積志秋田市長らと市役所で会談した際などに表明した。ただ地元の反発は強まるばかりで、事態収拾は見通せない。

 穂積氏は会談後、受け入れ可否の判断に2、3年かかるとの考えを記者団に明言した。

 再調査は防衛省調査への信頼性を取り戻し、地元の批判をかわす狙い。

(2019年06月17日 20時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ