山陽新聞デジタル|さんデジ

「Sha☆in」200回目公演 岡山で30日「感謝伝えたい」

200回目の公演に向けて練習に励むメンバー
200回目の公演に向けて練習に励むメンバー
 岡山のご当地アイドル「Sha☆in(シャイン)」が30日、専用劇場(岡山市北区内山下)で200回目の公演を迎える。メンバーは「ファンの皆さんに、感謝の気持ちを伝えたい」と張り切っている。

 Sha☆inは1期生の星川愛美さん(20)と瀬良美夢さん(19)、今年1月に加入した河井紀佳さん(20)の3人で活動している。30日は午後1時に開演し、オリジナル曲全13曲を披露する。

 グループは2016年8月に結成。同年12月に専用劇場を構え、おおむね日曜ごとに2ステージを繰り広げてきた。

 昨年11月には、欅坂46のヒット曲「サイレントマジョリティー」などを手掛けた作曲家ユニット「バグベア」に、西日本豪雨の被災地の復興を支援するチャリティーソングを制作してもらった。県内外で披露し、CD売り上げの一部などを県に寄託した。瀬良さんは「この曲を通して、たくさんの人たちが岡山を応援してくれていることを実感できた」と振り返る。

 節目の公演に向けてメンバーは練習に励んでいる。当日は卒業した初期メンバー2人も1日限定で復帰し、第1回公演を再現する。星川さんは「成長した姿を見てもらいたい」と話す。

 入場料は一般男性2500円、女性と中高生は1500円、小学生以下は無料。小学生以下の子どもの付き添いで来場する保護者は1500円。問い合わせは事務局(086―237―1251)。

(2019年06月18日 10時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ