山陽新聞デジタル|さんデジ

EXILE橘さん被災地で田植え 矢掛、酒造会社を支援

田植え機で苗を植える橘さん
田植え機で苗を植える橘さん
 西日本豪雨の被災地を支援しようと、人気音楽グループ「EXILE」の橘ケンチさんが14日、岡山県矢掛町を訪れ、浸水被害を受けた水田で酒米の田植えを行った。

 経済産業省による被災地支援事業「HASHIWATASHI(橋渡し)プロジェクト」の一環。橘さんは日本酒の普及に取り組んでおり、矢掛町で自社栽培していた酒米が被災した丸本酒造(浅口市鴨方町本庄)の支援のために訪れた。

 橘さんは長靴に履き替えて水田(約1ヘクタール)に入り、社員の指導を受けながら田植え機で酒米・山田錦の苗を植えていった。機械が入らない場所は手で植え付けていった。

 橘さんは酒米の収穫や日本酒の仕込み作業も手伝う予定で、「お酒はその場を明るくする力もある。おいしいお酒を造り、多くの人を笑顔にしたい」と話した。

 丸本酒造の丸本仁一郎社長は「橘さんと一緒に矢掛町をはじめ被災地を盛り上げていきたい」と話している。

(2019年06月14日 20時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ