山陽新聞デジタル|さんデジ

ゆで卵まるごと包んだコロッケ 美咲町物産センター販売

美咲町物産センターで販売している「美咲黄福たまごまるごとコロッケ」
美咲町物産センターで販売している「美咲黄福たまごまるごとコロッケ」
 岡山県美咲町原田の町物産センターは、町内産の鶏卵1個を使った「美咲黄福(こうふく)たまごまるごとコロッケ」を販売している。

 特産の卵にちなんで「黄福」をキーワードに町おこしを進める同町の新たな特産品として開発。卵かけご飯用に供給している西日本最大級の養鶏場・美咲ファーム(同町越尾)から仕入れた卵をゆで、地元産のジャガイモやタマネギで作ったコロッケに包んだ。

 コロッケは重さ約150グラムとボリューム感たっぷり。幅広い年齢層に受け入れられるようカレー風味に仕上げている。開発担当者の一人、池本惠子さんは「これからは新ジャガイモを使うため、よりおいしくなる。カレー味以外のバリエーションも考えたい」と話している。

 同物産センター(0868―66―0178)で毎週土・日曜日、各日限定10個(280円)を販売。22日に同センターで開く「夏まつり」でも実演販売する。

(2019年06月15日 13時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ