山陽新聞デジタル|さんデジ

鋼材の下敷きに 会社員男性死亡 福山、クレーン積み上げ作業中

死亡事故があった現場を確かめる関係者
死亡事故があった現場を確かめる関係者
 12日午前9時15分ごろ、福山市本郷町の遠藤工業福山工場で、同社社員久保博揮さん(41)=同市=が鋼材の下敷きになり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 福山西署や同社によると、久保さんら2人が天井からつられているクレーンを使って鋼材を積み上げる作業をしていた。高さ2・5メートルの場所に積まれていた鋼材(長さ約11メートル、幅約50センチ、重さ968キロ)に、移動中のクレーンの先端が接触し、弾みで落下、そばでクレーンの誘導などに当たっていた久保さんが下敷きになったらしい。

 同署などが関係者から詳しい状況を聴いている。

(2019年06月12日 21時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ