山陽新聞デジタル|さんデジ

父の日に「親子コーデ」を 岡山の百貨店が贈り物提案

「親子コーデ」をアピールする天満屋岡山店の売り場
「親子コーデ」をアピールする天満屋岡山店の売り場
 同じデザインの大人と子どもの服が売り場に並ぶ。父の日(16日)のプレゼントに、岡山市内の百貨店が親子おそろいのコーディネートを提案している。

 男性衣料のテナントは、シロクマのモチーフが共通するTシャツや、色柄の近いデニム生地のパンツを用意。子ども服の店も大人用をそろえて「親子コーデ」をアピールする。

 「子育てに積極的な『イクメン』が浸透し、父親の意識も変わってきた。親子おそろいを好む男性は増えていますよ」と、天満屋岡山店(岡山市北区表町)内のミキハウスの店員。同百貨店は「一緒に過ごす時間」をテーマに、父の日商戦の盛り上げを狙う。

(2019年06月12日 23時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ