山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野・山田地区 ハナショウブ見頃 白、紫、青…涼やかに揺れ

一面に咲き誇るハナショウブ
一面に咲き誇るハナショウブ
 玉野市山田地区の住民有志が育てているハナショウブが見頃を迎えた。白、紫、青など色とりどりの花が咲き競い、涼やかに初夏の風に揺れている。

 旧和楽園近くの遊休農地を借りて2007年から順次整備。現在は約10アールに3千株以上ある。イノシシに荒らされないよう電気柵で囲い、開花したら毎朝、花殻を摘むなど丹精してきた。

 10日に休憩所を設けてからは連日100人以上が訪れ、花の間を散策したり、カメラで狙ったり、思い思いに過ごしている。女性(81)=同市=は「こんなにきれいなショウブ園は初めて。皆さんが一生懸命世話しているのが伝わり、心が和みます」と感激していた。

 22日まで。山田小から北西約500メートルの県道山田槌ケ原線沿いに案内看板がある。

(2019年06月12日 18時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ