山陽新聞デジタル|さんデジ

大阪桐蔭が美咲で招待試合 「エイコン」20年で県勢対戦

大阪桐蔭との招待試合で2本塁打4打点の活躍を見せた光南の大塚=エイコンスタジアム
大阪桐蔭との招待試合で2本塁打4打点の活躍を見せた光南の大塚=エイコンスタジアム
 エイコンスタジアム(岡山県美咲町)の開場20周年を記念した高校野球の招待試合(県高野連、同町主催)が8日、同スタジアムで始まった。昨年の甲子園で史上初となる2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭を招き、今春の県大会優勝の関西と4強の光南がそれぞれ対戦。光南が10―0で完勝したが、関西は7―8で敗れた。

 光南は4番大塚の2打席連続本塁打など中盤の長打攻勢で大量リードを奪い、4投手の継投で無失点に抑えた。関西は相手を上回る13安打を放ったが、投手陣が4本塁打を浴びるなど粘れなかった。

 最終日の9日も2試合があり、午前9時半から春の県大会準優勝の倉敷商、正午から4強の倉敷工が大阪桐蔭と対戦する。

(2019年06月08日 20時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ