山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内で「手足口病」患者増加 過去10年で2番目の多さ

 乳幼児を中心に、口の粘膜や手足に水疱(すいほう)性の発疹が出るウイルス性感染症「手足口病」の患者が...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年06月08日 08時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ