山陽新聞デジタル|さんデジ

和気出身の横山悠太が唐詩の新著 日中2言語を操り表現開拓 

 中国語と日本語を混交させた処女作が2014年、芥川賞候補にノミネートされ、鮮烈な文壇デビューを果た...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2019年06月10日 09時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ