山陽新聞デジタル|さんデジ

シーガルズ大楠、林ら5人退団 高田、磯部、下司も

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子、岡山シーガルズのセンター大楠鼓雪(26)、ライト林日向子(22)ら5選手が5日までに退団した。

 2016年入団の大楠は速攻や移動攻撃を武器に活躍し、17~18年シーズンのチャレンジリーグ時代には最高殊勲選手賞(MVP)を獲得。V1で戦った18~19年シーズンは出場5試合にとどまり、トップリーグでは通算24試合の出場だった。大阪国際滝井高で全日本高校選手権準優勝を経験している林は15年に加入し、通算22試合に出場した。

 ほかの退団選手はセッター高田茉優(24)ライト磯部光里(22)レフト下司響生(20)。高田は通算7試合、磯部は通算5試合に出場し、下司は出場機会がなかった。

(2019年06月05日 22時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ