山陽新聞デジタル|さんデジ

県高校囲碁で森、長谷川さん優勝 7月に全国へ 男女団体は大安寺

森康太さん(左)と長谷川素子さん
森康太さん(左)と長谷川素子さん
男子団体を制した大安寺(左から森下さん、藤原さん、津川さん)
男子団体を制した大安寺(左から森下さん、藤原さん、津川さん)
女子団体で優勝した大安寺(左から伊澤さん、篠原さん、赤木さん)
女子団体で優勝した大安寺(左から伊澤さん、篠原さん、赤木さん)
 第43回全国高校囲碁選手権大会岡山県大会(県高校囲碁連盟、日本棋院主催、山陽新聞社共催)が1、2日、岡山市北区北長瀬本町の大安寺中等教育学校で開かれた。個人戦は男子森康太さん(芳泉2年)、女子長谷川素子さん(操山1年)、団体戦は男女ともに大安寺が優勝した。

 個人戦は、男子は6校20人、女子は5校12人が出場。男女別の全国大会代表決定戦には男子13人、女子11人が臨み、勝利数の近い選手同士が戦うスイス方式で4局ずつ対局し、森さん、長谷川さんとも全勝した。代表決定戦出場者を除く男女8人による段級位認定戦(B級戦)もあった。

 1チーム3人の団体戦は、男女各3校の総当たり戦。大安寺は男子(藤原朱理さん、森下裕矢さん、津川慎介さん)、女子(篠原菜摘さん、伊澤真由子さん、赤木真由子さん)それぞれ2連勝した。

 個人の代表決定戦を制した森さん、長谷川さんと、男子2位の藤原朱理さん(大安寺1年)、女子2位の原田莉奈さん(矢掛3年)、団体戦の男女優勝チームは、7月22~24日に日本棋院(東京)で開かれる全国大会に出場する。

(2019年06月02日 22時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ