山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山京橋クルーズが臨時便を運航 9日~7月14日の毎週日曜日

臨時便の運航が決まった岡山京橋クルーズの定期船=岡山市
臨時便の運航が決まった岡山京橋クルーズの定期船=岡山市
 岡山市の中心部京橋と犬島、瀬戸内市・牛窓を結ぶ定期船を運航する岡山京橋クルーズ(岡山市北区表町)は31日、6月9日から7月14日までの毎週日曜日に臨時便を出すと発表した。

 定期船は、瀬戸内国際芸術祭の春会期中(4月26日~5月26日)に初めて運航。芸術祭の会場の一つ、犬島へ向かう旅行客ら延べ約3千人が利用した。乗船率は70%を超え、ゴールデンウイークや土、日曜は連日満席になったという。

 同クルーズは「定期船をより多くの人に知ってもらい、芸術祭会期外も犬島のにぎわいに寄与できれば」としている。

 ダイヤに変更はなく、牛窓を午前9時に出発し、犬島(9時25分発)、京橋(10時40分発)、犬島(午後2時40分発)、京橋(3時55分発)、犬島(5時5分発)の順に寄港。牛窓に午後5時25分に戻る。

 乗船料は、京橋―犬島2千円、牛窓―犬島700円、京橋―牛窓2700円。小学生はいずれも半額。夏会期(7月19日~8月25日)と秋会期(9月28日~11月4日)も予定通り運航する。

 チケットは同社(086―201―1703)のホームページなどで購入できる。

(2019年06月01日 08時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ