山陽新聞デジタル|さんデジ

NIE実践指定の15校承認 岡山で県推進協議会が総会

2019年度の実践指定校を承認した県NIE推進協議会総会
2019年度の実践指定校を承認した県NIE推進協議会総会
 教育に新聞を活用するNIEの普及・発展に取り組む県NIE推進協議会の2019年度総会が30日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、本年度実践指定校として新規5校を含む計15校を承認した。

 学校や新聞社などNIEに携わる約50人が出席し、加賀勝会長(岡山大副学長)が「みなさんの熱意ある取り組みで県内のNIE活動は、他県に見られないほど活発化している。今後とも協力をお願いします」とあいさつ。本年度の事業計画や予算を決めた後、昨年度まで10年以上にわたりNIEアドバイザーを務めた横田真智子さん(元倉敷市立真備東中校長)が「NIEに取り組んで」と題して講演した。

 実践指定校は次の通り。

 【日本新聞協会認定】新規 城見小(笠岡)北陵中(津山)加賀中(吉備中央)和気閑谷高(和気)瀬戸南高(岡山)▽継続 北川小(笠岡)早島小(早島)岡山中央中(岡山)勝山高(真庭)岡山南支援学校(岡山)

 【県推進協認定】石井小(岡山)早島中(早島)おかやま山陽高(浅口)倉敷中央高(倉敷)川崎医療福祉大(同)

(2019年05月30日 20時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ