山陽新聞デジタル|さんデジ

瀬戸芸夏会期に倉敷へバスツアー 宇野港―美観地区、土日祝に運行

 瀬戸芸と一緒に倉敷観光はいかが―。倉敷市は瀬戸内国際芸術祭・夏会期(7月19日~8月25日)に合わせ、岡山側の玄関口・玉野市の宇野港と倉敷市美観地区を結ぶ初のバスツアーを行う。買い物や美術館入館料などに使えるまち歩きクーポン付きで、市は「お得な旅を楽しんで」と呼び掛けている。

 バスは、会期中の土日祝日計13日間に運行。宇野港発着の船便に合わせ、美観地区との往復2便ずつ(うち各1便はJR児島駅経由)があり、瀬戸芸と倉敷観光のどちらが先でも楽しめるように設定した。

 クーポンは千円相当で10枚つづり。大原美術館をはじめとした文化施設、カフェや土産物店、マスキングテープの体験施設など美観地区の計14カ所で料金の割引に使える。9月30日まで使用できる。

 各便先着40人。参加費は13歳以上が1500円、6~12歳1250円で、5歳以下は無料(クーポンなし)。

 問い合わせは日本旅行岡山支店(086―225―2040)。

現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」を楽しもう

(2019年06月01日 15時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ