山陽新聞デジタル|さんデジ

谷本観月(天満屋)ら代表選出 世界選手権マラソン

初の世界選手権出場を決めた谷本観月
初の世界選手権出場を決めた谷本観月
 日本陸連は28日、ドーハで9~10月に行われる世界選手権のマラソン代表を発表し、女子で天満屋の谷本観月が選ばれた。代表は男女各3人。女子は谷本のほか、中野円花(ノーリツ)と池満綾乃(鹿児島銀行)、男子は川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)二岡康平(中電工)山岸宏貴(GMO)が名を連ねた。6人は9月15日の2020年東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」(MGC)の参加資格を持つが、出場しない。

 レースはマラソンの女子が9月27日、男子が10月5日、50キロ競歩は男女とも9月28日に行われる。

(2019年05月28日 22時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ