山陽新聞デジタル|さんデジ

大安寺A、倉敷南が団体2連覇 倉敷で全国高校将棋大会県予選

男子団体A組で優勝した大安寺A(左から坂根、渡辺、運さん)
男子団体A組で優勝した大安寺A(左から坂根、渡辺、運さん)
女子団体で優勝した倉敷南(左から玄馬、荒瀬、井場さん)
女子団体で優勝した倉敷南(左から玄馬、荒瀬、井場さん)
女子個人優勝の小林さん
女子個人優勝の小林さん
 第49回県高校将棋選手権大会を兼ねた第55回全国高校将棋選手権大会県予選会(県高校文化連盟、県高校将棋連盟、山陽新聞社主催)が25日、倉敷市老松町の倉敷工業高で始まった。男子団体A組は大安寺A、女子団体は倉敷南、女子個人は小林彩乃さん(倉敷商2年)がそれぞれ2連覇を果たした。

 男子団体には40チームが出場し、棋力に応じてA組16チームとB組24チームに分かれて競った。A組の決勝では大安寺A(渡辺聖、坂根海斗、運愛斗さん)が天城Aを2―1で下した。B組は大安寺C(須見洋太郎、土井天馬、森下裕矢さん)が制した。

 2チームが出場した女子団体は、倉敷南(荒瀬理子、玄馬久里愛、井場美里さん)が操山を2―1で破り、11人で競った女子個人は渡部幸奈さん(芳泉1年)が2位に入った。

 男子団体A組と女子団体の優勝、女子個人の優勝者と準優勝者は、7月30、31日に佐賀県で開かれる全国大会に出場する。

 最終日の26日は男子個人がある。

 他の主な成績は次の通り。(敬称略)

 【男子】団体A組 (2)天城A(林、田中、山田)(3)朝日A(佐藤、中村、臼井)、大安寺B(香西、櫻木、平田)▽同B組 (2)青陵E(丸山、中山、岡本)(3)天城C(越智、福島、川畑)、岡山(伊藤、矢野、織田)

 【女子】団体 (2)操山(田岡、古泉、浦野)▽個人 (3)古泉明日美(操山2年)、立藤真祐子(学芸館2年)

(2019年05月25日 20時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ