山陽新聞デジタル|さんデジ

特別背任罪、公判前手続き実施 ゴーン前日産自動車会長も参加

 前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)が会社法違反(特別背任)の罪で起訴された事件で、東京地裁は23日、裁判官と検察官、弁護人が協議して争点を絞り込む第1回公判前整理手続きを実施した。ゴーン被告本人も参加した。

 弁護団は、東京地検が請求した訴因変更の趣旨について説明を求め、速やかに証拠を開示するよう要請した。ゴーン被告は否認する方針。弘中惇一郎弁護士は協議終了後、報道陣に「手続きを早く進めてほしい」と話し、現状のままでは初公判は来春になるとの見方を示した。

 ダークスーツにネクタイ姿のゴーン被告は午前9時半ごろ、弘中氏ら弁護人4人と地裁に入った。

(2019年05月23日 14時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ