山陽新聞デジタル|さんデジ

金重陶陽賞の菅坂さんら15人表彰 岡山で日本伝統工芸支部展表彰式

金重陶陽賞の菅坂さん(前列左端)ら第62回日本伝統工芸中国支部展の受賞者
金重陶陽賞の菅坂さん(前列左端)ら第62回日本伝統工芸中国支部展の受賞者
 日本工芸会中国支部は22日、岡山市内のホテルで本年度総会と第62回日本伝統工芸中国支部展の表彰式を開いた。

 総会には同支部所属の作家70人が出席し、本年度の事業計画などを承認。本展(日本伝統工芸展)で4回以上の入選を果たし、新たに日本工芸会正会員になった黒井博史さん(陶芸、瀬戸内市)、永田佳子さん(染織、島根県安来市)、井上みゆきさん(漆芸、総社市)に認定証を渡した。

 表彰式では、越宗孝昌支部長(山陽新聞社会長)らが受賞者15人に賞状を授与。特別賞・金重陶陽賞の菅坂安子さんが「昨年の西日本豪雨の被害から復興が進みますようにという祈りで受賞作を作った。これからも心に深く感じたことを表現していきたい」と抱負を述べた。

(2019年05月23日 00時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ