山陽新聞デジタル|さんデジ

23日からの沖縄フェア来て PR隊が山陽新聞社を訪問

沖縄フェアをPRする(左から)喜名さんと譜久里さん
沖縄フェアをPRする(左から)喜名さんと譜久里さん
 スーパー経営の山陽マルナカ(岡山市南区平福)が23日から開く「沖縄フェア」のPRキャラバン隊が22日、山陽新聞社(同市北区柳町)を訪れた。フェアは26日まで。

 訪れたのはミス沖縄クリーングリーングレイシャスの譜久里美樹さん(27)や泡盛の女王の喜名舞杏さん(20)ら5人。譜久里さんは「食を通じて沖縄を身近に感じてほしい」、喜名さんは「島らっきょうやもずくなど沖縄料理に合う泡盛を数多くそろえたので手に取ってみて」と呼び掛けた。

 フェアは岡山、広島県など計62店舗で展開。ボゴールパインやヘチマ、ブランド豚「あぐー豚」などの食品をはじめ、オリオンビール、パッションフルーツ風味の泡盛といった酒類など計約190種類を販売する。

 23日にはマスカット店(倉敷市松島)で記念セレモニーがあり、クイズ大会やプレゼントなどを行う。

(2019年05月22日 22時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ