山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山の空港南産業団地に5社応募 8月末めどに正式決定

 岡山県と岡山市は21日、共同で開発した「空港南産業団地」(同市北区富吉、約12ヘクタール)の3区画について、分譲に向けた公募に県内外の5社から応募があったと発表した。今後、選定作業を進め、8月末をめどに正式決定する予定。

 内訳は1号地(約1・5ヘクタール、最低分譲価格2億4900万円)が2社、2号地(約3・7ヘクタール、同7億7400万円)が1社、3号地(約7・0ヘクタール、同13億3700万円)が2社。県外が4社、県内が1社で、業種別では流通業4社、製造業1社だった。

 県と同市は、地域経済への波及効果や経営の安定性など8項目を審査して、分譲先を選ぶ。県企業誘致・投資促進課は「県の産業振興につながる企業を選定したい」としている。

(2019年05月21日 21時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ