山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県中体連の新会長に山田氏 理事長は犬飼氏が再任

山田浩司会長
山田浩司会長
 岡山県中体連は21日、岡山市内で開いた本年度第1回理事会で任期満了に伴う役員改選を行い、前田潔会長の後任に吉備中校長の山田浩司氏(58)を選んだ。理事長は犬飼忠司氏(高島中教)を再任した。任期はともに2年。

 理事ら約50人が出席。山田氏は休養日の設定など部活動の在り方が議論される中、「子どもたちのことを第一に考えながら、部活動の意義を失わない効率的な運営方法を確立させたい」と抱負を語った。

 本年度の主な事業では、全国中学校体育大会につながる県総体(水泳、体操・新体操、スキー、駅伝を除く)を7月20~29日、中国大会のうち県内で行う体操・新体操、バレーボール、相撲、テニスを8月2~10日に実施する。昨年7月の西日本豪雨を踏まえ、大規模災害時の危機管理についても協議した。

 副会長は次の皆さん。(敬称略、○は新任)

 ▽副会長 延原まどか(富山)○出射実(磐梨)川上忠良(東陽)○小原敏彦(鴨方)○佐藤視也(成羽)○筒塩操(勝北)

(2019年05月21日 20時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ