山陽新聞デジタル|さんデジ

新見公立大・短大で「鳴滝祭」 ステージや模擬店に広がる笑顔

多くの学生や市民でにぎわった模擬店ブース
多くの学生や市民でにぎわった模擬店ブース
 新見公立大・短大(新見市西方)で18、19日、学園祭「鳴滝祭」が開かれた。「2(に)たす1(い)は3(み) にぃーと笑顔でハイ!チーズ」をテーマに、多彩なステージなどが繰り広げられ、学生、市民らの笑顔の輪が広がった。

 初日は、ミス・ミスターコンテストで男女12人が方言を交えた自己PRなどで会場を沸かせ、手話部のヒット曲に合わせた手話の披露では一緒に口ずさむ観客の姿が見られた。構内には約20の模擬店が並び、岡山県健康の森学園(哲多町大野)による野菜販売や、チャリティーバザーもあった。写真部は学生らの笑顔を撮影して回った。

 家族で訪れたパート女性(38)=同市=は「学生たちが子どもにたくさん話し掛けてくれ、楽しめた」と話した。

 最終日もサンシャイン池崎さんや東京ホテイソンらのお笑いライブでにぎわった。

(2019年05月21日 18時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ