山陽新聞デジタル|さんデジ

ゲートボール全国制覇するわよ 県代表あじさい 大会に向け練習

全国選抜ゲートボール大会に出場する「あじさい」のメンバー6人
全国選抜ゲートボール大会に出場する「あじさい」のメンバー6人
 赤磐、備前市と和気町の女性6人でつくるゲートボールチーム「あじさい」が、第34回全国選抜ゲートボール大会(6月1、2日・新潟県燕市)女子部門の岡山県代表として出場する。過去に準優勝や3位を経験している強豪チーム。今年こそは悲願とする頂点をつかみ取ろうと練習に励んでいる。

 メンバーは、森崎美枝子さん(76)=赤磐市▽是友弘子さん(77)=同市▽北小夜子さん(77)=同市▽橋本美智江さん(81)=同市▽溝田満子さん(77)=備前市▽藤原康子さん(76)=和気町―の6人。昨年11月に開かれた県予選で優勝し、4年ぶりの出場を決めた。

 65歳以上を対象とした国内最大規模の大会で、都道府県予選を勝ち抜いた男女各48チーム(開催地は2チーム出場)が2日間にわたり、予選リーグと決勝トーナメントで競う。「あじさい」は、旧名称の「あかいわ」時代から何度も出場しており、2012年には3位、15年には準優勝に輝いた。

 メンバーは週2日、赤磐市内に集まって練習するほか、各自が地元のグループで毎日のようにスティックを握る。晴れの全国大会に向けては、県内各地で開かれる試合に出向むくなどして、勝負勘を磨いている。メンバーの6人は「誰かがミスしてもフォローし合えるチームワークを高めてきた」と口をそろえる。

 主将の森崎さんは「15年に優勝を逃した悔しさを胸に頑張ってきた。表彰台の一番高い所を目指し、練習の成果を出し切りたい」と話していた。

(2019年05月20日 11時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ