山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、琉球を1―0で下す 順位上げ11位に

 明治安田J2第14節最終日(19日・シティライトスタジアムほか=7試合)前節12位のファジアーノ岡山はホームで8位琉球を1―0で下し、連敗を2で止めた。白星は4試合ぶりで勝ち点19(5勝4分け5敗)に伸ばし、11位に順位を上げた。

 山形は1―1で徳島と引き分け、勝ち点28として首位を守った。2位の水戸は柏と0―0で引き分けて同27。柏は同23。町田と引き分けた京都も同23とした。

岡山1―0琉球
前半0―0
後半1―0

岡山 5勝4分け5敗(19)
琉球 5勝5分け4敗(20)

 【評】ファジアーノ岡山は今季2度目の無失点勝利で連敗を2で止めた。攻勢を強めた後半は立ち上がりから相手を圧倒し、9分にイ・ヨンジェのPKで先制。追加点こそ奪えなかったものの、その後もカウンターなどで好機をつくった。ボールを奪えず、主導権を握られた前半、GK一森を中心に粘り強くピンチをしのいだのが大きい。

 琉球は後半、一気にペースダウンした。GKカルバハルの活躍がなければ、大量失点の可能性もあった。

(2019年05月20日 07時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ