山陽新聞デジタル|さんデジ

平林金属クが1勝1敗 ソフト男子日本L、暫定2位タイ

愛媛ウエスト戦でサヨナラを放ち、喜ぶ平林金属クの浜本(右)ら=岐阜県羽島市運動公園
愛媛ウエスト戦でサヨナラを放ち、喜ぶ平林金属クの浜本(右)ら=岐阜県羽島市運動公園
 ソフトボール男子の日本リーグ第2節第1日は18日、岐阜県羽島市であり、平林金属ク(岡山市)は日本エコシステム(岐阜)に2―3で競り負け、愛媛ウエストには延長タイブレークの末、4―3でサヨナラ勝ちした。通算5勝1敗で、順位は暫定で2位タイ。

 開幕4連勝で第2節を迎えた平林金属クは日本エコシステム戦で、同点に追い付いた直後の五回、捕逸なども絡んで2点を献上。打線は七回に1点差に迫り、なお1死満塁の好機で中軸が凡退した。愛媛ウエスト戦は0―3の五回に松田の2点本塁打と山内の適時二塁打で同点。無死二塁から始まるタイブレークの延長八回、1死三塁で浜本が決勝の左前適時打を放った。

平林金属ク
0000101|2
010020X|3
日本エコシステム

(平)松田―山内
(日)竹本―本塚
▽本塁打 奥村(日)
▽三塁打 和田(平)島袋(日)

愛媛ウエスト
02100000|3
00003001x|4
平林金属ク
(延長八回、八回からタイブレーク)

(愛)客野―池本
(平)松田―山内
▽本塁打 松田(平)
▽三塁打 池本(愛)▽二塁打 山内(平)佐々木(愛)

(2019年05月18日 22時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ