山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野で18、19日「港フェス」 海自の艦艇公開、地元グルメ集合

海自艦が来艦し多彩な催しを繰り広げた前回の「たまの・港フェスティバル」=2018年5月19日
海自艦が来艦し多彩な催しを繰り広げた前回の「たまの・港フェスティバル」=2018年5月19日
 海や船をテーマにした「たまの・港フェスティバル」(実行委主催、山陽新聞社後援)が18、19の両日、玉野市の宇野港周辺で開かれる。

 海上自衛隊からは潜水艦救難艦「ちよだ」と掃海管制艇「ながしま」が宇野港第1突堤へ来艦。ちよだは18日午後1時、19日午前9時、午後1時の3回、ながしまは18日午後2時45分と19日午前9時の2回、それぞれ一般公開される。第1突堤の広場にはたまの温玉めし、カキオコなど各地の味も集合する。

 時間は18日が午前10時、19日は午前9時スタートで、両日とも午後5時まで。田井みなと公園と玉野競輪場に臨時駐車場を設け、田井みなと公園からは無料のシャトルバスを運行する。問い合わせは玉野市観光協会(0863―21―3486)。

(2019年05月17日 08時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ