山陽新聞デジタル|さんデジ

野球ジンバブエ代表 五輪予選敗退 山陽高の堤監督が指揮

 おかやま山陽高硬式野球部の堤尚彦監督(47)が指揮し、来年の東京五輪出場を目指していたジンバブエ代表は今月上旬に南アフリカで行われたアフリカ予選で敗退した。

 アフリカ・欧州予選への出場枠1を4カ国が争ったアフリカ予選のリーグ戦で、ジンバブエはウガンダと南アフリカに大敗したものの、格上とみられたブルキナファソに11―5で勝利。リーグ3位で臨んだ決勝トーナメント準決勝は、5―21で再びウガンダに敗れたが、3位決定戦はブルキナファソとの死闘を17―16のサヨナラで制し、銅メダルを獲得した。堤監督によると、昨夏と今春、浅口市の山陽高球場に招いて強化した選手たちの活躍が目立ったという。優勝は南アフリカだった。

 資金難のため一時は予選参加が危ぶまれた中、日本各地からの支援を受けて五輪出場の夢に挑戦したジンバブエ代表。堤監督は「みんな日本に感謝していた。これからも世界の野球の普及のために尽力したい」と話した。

(2019年05月15日 20時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ