山陽新聞デジタル|さんデジ

ビジネス研修に本社新聞を活用 若手対象に6月から岡山会議所

岡山商工会議所
岡山商工会議所
 岡山商工会議所は6月から、会員企業の若手従業員を対象に、山陽新聞を活用したビジネス研修をスタートさせる。同会議所創立140周年記念事業で、創刊140周年を迎えた山陽新聞社と初めて共同で企画した。記者らを講師に、ニュースの活用法や文章の書き方などを学び、効果的な提案力などを養う。

 研修は、3カ月の新聞購読(6~8月)を組み込んだカリキュラムで、6月5日、7月2、24日の全3回。受講者は勤務先に届く山陽新聞を読み、気になった記事をスクラップするなどしてオリジナルの「ネタ帳」作りに取り組む。各回午後2時~5時で、会場は山陽新聞社。

 講義では、山陽新聞社員が講師となり、新聞の効率的な読み方やビジネス文書作成のこつなどを実践指導。自社の新しい商品やサービスを考え、提案する力を身につけるグループワークを行う。

 定員50人(先着順)。無料。対象は、入社5年目までの同会議所会員事業所従業員で、全日程に参加できる人。申し込み・問い合わせは同会議所地域振興課(086―232―2262)。

(2019年05月15日 14時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ