山陽新聞デジタル|さんデジ

浅口市にオキシダント注意報 岡山県が発令、19年で初

 岡山県は11日、県内で今年初となる光化学オキシダント注意報を浅口市に発令した。昨年より16日早く、過去10年で最も早い。

 同市の寄島測定局で大気中濃度の1時間値が午後2時に0・125ppmとなり、発令基準(0・12ppm以上)を上回った。注意報は午後5時半に解除された。健康被害の報告はないという。

 県によると、高温で日差しが強く、風が弱いなど濃度が上昇する気象条件が重なった。この日は倉敷、笠岡、総社市、里庄町も光化学オキシダント情報の発令基準(0・1ppm以上)を今年初めて超えた。

(2019年05月11日 20時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ