山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野市 キャッシュレス決済普及へ 観光客向け、通訳機能も

QRコード決済とテレビ通訳サービス機能を備えたタブレット端末
QRコード決済とテレビ通訳サービス機能を備えたタブレット端末
 岡山、香川県の島々を主舞台にした瀬戸内国際芸術祭の開催に合わせ、玉野市などは市内でキャッシュレス決済・テレビ通訳サービスの普及に乗り出した。1台に多様なQRコード決済と多言語の通訳サービス機能を持たせた端末を店舗に備えることで、島々への玄関口として国内外から訪れる観光客の利便性向上を図る。

 中小個人商店を中心にキャッシュレス決済の導入を支援する「ニッポンプラットフォーム」(東京)、芸術祭で宇野港案内所を運営する「NTTマーケティングアクト」(大阪市)と市の3者が芸術祭開幕前日の4月25日に事業連携協定を締結。希望する市内の店舗や施設にタブレット端末を無償貸与し、決済手数料や通訳サービス利用料も同日から1年間は無料としている。

 当面、対応可能な決済サービスは、AmazonPAY、d払い、WeChatPAY、NETSPayの4種で、他の決済サービスも順次追加する予定。通訳サービスは英、中国、韓国、スペイン、ベトナム、タイ、ポルトガルの7言語について、テレビ電話でオペレーターが対応する。

 タブレット端末は、芸術祭の開幕と同時に宇野港案内所が利用を始めている。市商工観光課は「今後、小売店や飲食店などにも働き掛け、地域ぐるみで外国人の消費需要を取り込みたい」としている。

(2019年05月12日 17時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ